韓国ドラマにでてくる光海君とは?

韓国ドラマの豆知識
スポンサーリンク

韓国ドラマにでてくる光海君とは?

韓国ドラマの時代劇を見ているとよく光海君という人が出てきます。
王にはなったものの、暴君であったため廃位させられたとか。
明からは世子と認められずにいたとか。
光海君の生涯についてはとてもドラマに取り扱いやすい人物なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

光海君の生涯

光海君は1575年生まれ、李氏朝鮮の第14代国王宣祖と宣祖の側室の恭嬪金氏
の間に生まれた。宣祖の次男になる。

父である宣祖は世継には正室の子供を望んでいたものの、懿仁王后は体が弱く、
子供ができなかった。
1592年に文禄の役で倭国の豊臣秀吉が攻めてくると朝鮮国内は混乱したため、
光海君を世子にした。ちなみに光海君には長男の兄臨海君がいたが、問題をおこしたり、
気性が荒かったり、倭国が攻めてきたときには出兵をするが、
臨海君は加藤清正に捕まり、捕虜になってしまいます。そして和睦交渉の材料に
もされてしまいました。
一方の光海君は義兵を作り、戦功をあげた。
こういうこともあり臨海君は世子にはなれずに光海君が世子になるが、
明からは、次男であるなどの理由で世子とは認められずにいた。

その後、1602年に宣祖は仁穆王后を正室とする。
宣祖と仁穆王后の間に貞明公主と永昌大君の子供ができた。
正室との間に息子が生まれたため、朝廷は光海君を支持する勢力と
永昌大君を支持する勢力での闘争が起きていた。

宣祖は1608年に亡くなると永昌大君はまだ幼かったため、
光海君が宣祖の後を継いで第15代の国王として即位した。

光海君は王となったが、政権は不安定。
朝廷内で光海君を支持していた大北派は、反対派である西人派を支持していた
臨海君や永昌大君を謀殺して仁穆大妃と貞明公主を幽閉した。

1623年仁穆大妃と綾陽君(ヌンヤングン)を担ぎ出した西人派は
宮廷でクーデターを起こし、光海君は失脚し、廃位させられた。
そして綾陽君が第16代の王である仁祖となる。
光海君は江華島へ妻は息子夫婦と追放されました。
息子夫婦は質素な暮らしが嫌になったのか島から逃亡をするも、
見つかり、自決をさせられます。そのことにより、光海君の妻も死んでしまいます。
1人になった光海君は済州島に移され1641年、66歳で亡くなる。

ちなみに光海君は暴君として廃位をさせられたので廟号、諡号、陵名はありません。

光海君が王となり王宮を追放されるまで15年間でした。
暴君と言われている光海君ですが、王であるときには国防を強化したり、
倭国との戦いで荒れた国土の復興をし、王宮の再建も行った。
また、庶民の税の負担を軽減させようと納税制度の改善も試みた。
暴君としられていますが、数々の政治手腕をみせています。

 

光海君が登場する韓国ドラマ

光海君が登場する韓国ドラマは数多くあります。
いい人で登場するドラマもありますが、どちらかというと悪い役として登場するドラマもあり、
韓国時代劇のドラマを見る中で光海君は色々なとらえ方、描き方をされていて
ドラマによってストーリーが違いとても面白いです。

光海君が登場する韓国ドラマをいくつか紹介します。

・王の女
光海君と女官のケトン。二人の愛の物語ですが、
光海君が好きだったケトンは父である宣祖の後宮になりますが、
ケトンも光海君のために色々と尽くし、光海君が王になるよう支え続ける
そんなストーリーのドラマです。

・宮廷女官キム尚宮
こちらも王の女と同じような話のストーリーです。
このドラマはチャングムの誓いで有名なイ・ヨンエさんが主人公のキム尚宮を演じています。

・火の神ジョンイ
宮廷陶工の沙器匠(サギジャン)に女性ではじめてなったユ・ジョンの話で、
王子の光海君との恋愛も描かれています。

・王の顔
光海君の世子の時代の話で、光海君が王になるまでの話で、光海君とカヒという名の女性が
ヒロインになりますがこのカヒもキム尚宮がモデルとされています。

・華政
光海君の妹になる貞明公主の波乱万丈な人生を描いたドラマです。
このドラマでは光海君は貞明公主の母である仁穆大妃を幽閉したり、
や弟である永昌大君を謀殺したとして、どちらかというと悪いイメージで
描かれているドラマです。

その他には
・ホジュン 宮廷医官への道
・ノクドゥ伝
・ホ・ギュン 朝鮮王朝を揺るがした男

光海君の登場する韓国ドラマは数々あり、私がはじめよく見ていたのが、
光海君がヒロインと恋に落ちる恋愛があるドラマが多く、どちらかといえば
光海君のイメージは王である宣祖からはあまりよく思われていないが、
政治手腕は優れていて、民からの人気も高いというイメージがありましたが、
華政(ファジョン)では兄弟を殺し、大妃を幽閉するなどして、
どちらかというと悪いイメージの光海君だったので、それまでと違って
衝撃的でした。

どちらも史実に基づいた光海君なのでいろんな面をドラマで見れて
とてもおもしろいなと思います。

光海君のドラマを見る中で父である第14代宣祖王と第16代仁祖王が出てくるのですが、
宣祖王も仁祖王もどのドラマを見てもあまりいい王である感じのイメージがないですね。
倭国が攻めてきたときには真っ先に都から逃げてしまった宣祖王であったり、
自分の息子であり世子をよく思わず、殺してしまったのではないかと言われている
仁祖王であったり、暴君と言われ廃位させられた光海君ではありましたが、
宣祖王、仁祖王の二人の王よりは私の中ではいい印象があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました